出産しました

Baby 報告遅くなってごめんなさい。

12/31(土)大晦日の午前1時14分
元気な男の子を出産することができました。
神様と旦那さんと今まで支えてきてくれた全ての人たちに感謝でいっぱいです。
とても神秘的で人間の本能の凄さに驚いた体験でした。
産声を聞いたときの感動と安堵感は一生忘れないと思います。

12/30AM1:00~10分間隔の陣痛開始 ツイニキタカー!
産院に電話したら、「5分間隔になるまで家で様子をみて」とのこと
午前中に陣痛が弱くなって消えたり間隔が伸びたり

16:00くらいから再び規則正しい陣痛再開
近くのコンビニに行ったり、横になったり、お風呂に入ったり
19:00頃旦那ちゃんを呼ぶ
20:30産院に再びTELし5分間隔になったので入院することに
内診の結果子宮口は3cm。なーんだ、まだまだかかるな、コリャ。
お産用のオムツとワンピ着用。まだ陣痛の波が来てないときは普通に歩けるし喋れる。
    
21:30おかんに付き添ってもらい、LDRでNST(分娩監視装置。モニターで子宮の収縮とベビちゃんの心拍をみる。ウソ発見器みたいなグラフが出てくるヤツ。)をとる。
4分間隔で40秒くらい続く結構強い痛み(生理痛の10倍くらい)が来て、一時的にベビちゃんの心拍が70~80/分になりNSTのアラーム音が鳴る。なるほど…ベビちゃんも耐えているのね。
だんだん口数が減ってくる。話しかけられてもすぐに返答できない時がある。
22:30旦那ちゃん到着、おかんと付き添い交代。NST終了。
よっこらしょ、と起き上がったら重力でベビちゃんが下がったのか?
ベビちゃんがお父さんの到着を待っていたみたいに異次元の痛みが始まった!
急に動けないほどの陣痛にうずくまり、床に膝をついて四つんばいに。
痛すぎでガクガク腕や膝が震え、全身の毛穴から変な汗がドッ吹き出る。

「なんじゃこりゃ――!!」  っつーのが正直な感想。
あまりのことに学習した陣痛対策が一瞬とびました。頭の中、「痛」の一文字。

「鼻からスイカ」とか「お腹と腰を引き裂かれるみたい」とか「ハンマーで腰をガンガン殴られるみたい」とか「のたうちまわって壁を叩いたり頭突きしたりする」とか「付き添いの夫や助産師さんに罵声を浴びせる」とか「痛いー!死ぬー!!もう帝王切開にしてー!と叫びまくる」とか陣痛の痛みを人それぞれいろいろな表現の仕方するけど…

ジンジャーは
「サバとかカキとかとてもタチの悪い食あたりになったような勢いで
1年分のうん○、もしくは小型犬くらいの大きさの物体が私の意志に関係なく
モリモリ出てこようとしており、それが冷や汗・脂汗かくくらい痛いし、息できないくらい苦しいのだけども
今ぶんばってしまうと産道がズタズタに切れ、至るところで出血を起こし、ベビちゃんに危険なストレスがかかるので
呼吸はゆっくり鼻で吸って、ふーっとながーく口で吐きましょう。
って出来るか!!!ボケ――!!」って表現したいと思います。

旦那ちゃんに「水」「キタ」「腰」などと単語のみであれこれ指図しながら
水を飲ませてもらったり、陣痛の波に合わせて黄門様やおしもを押さえてもらい、和痛マッサージをしてもらう。
今どのくらいお産が進んでるのかしら?と思い、合間に助産師さんに「子宮口何センチくらいですか?」と聞くと、「うーん、8割くらいかなぁ。今が一番苦しい時だと思うけど、もうすぐだからがんばってね。」と冷静に言われる。
り年齢は2.3才上かなぁ、冷静なお姉さん助産師さんにいろいろ言葉がけしてもらう。
あまり記憶にないけど、何度か進み具合を確認する質問をした。
だって分かってないと頑張れないもん。
一度の陣痛の波をやり過ごすのにいっぱいいっぱい。
大げさでも何でもなく、波のピークの時はあまりの痛みと苦しみで腹の底からうなり声が出てしまう。
後で旦那ちゃんに「あれは女じゃなかったよねぇ。」と言うと、「いや、仕方ないよ。辛抱強くがんばっとったと思うよ。」と言ってもらえた。

助産師さんが「先生を呼んで」と言っている。おお、いよいよかぃ。
最後のほうはずっとおねえさん助産師さんがついていてくれた。
その日の晩のお産は私一人だったので、運よく独り占めできたんだね。
多分人工破膜だったみたい、暖かい羊水が出たのが分かった。
人によっては陣痛中動いたほうが痛みが少なくて済むというけど、私は全く動けず一度もトイレにも行かず、右を下にして横向きに寝てた。

お産用のおむつを取って、LDRが陣痛室モードから分娩室モードへ切り替わる。
看護師さん・ドクターも入ってきて慌しく準備がはじまる。
ひー、しかし辛い。陣痛の間歇期が1分くらいになり、本当に呼吸をすることで精一杯。分娩台の足載せに足が上げられないくらい痛みでガクガク膝が震えていた。
ベビちゃんがもうすぐ出てくる位置にいるのが分かる。
血管確保なし、剃毛、浣腸なしの自然な分娩の流れ。
準備OKのあと、一回目の陣痛がきていきむ。
おしもの焼けるような痛みとともにベビちゃんの頭が出た。
「目を開けて!!よく赤ちゃんを見てあげて!」と看護師さんに頭を持ち上げてもらってハッ、そうだった!と目を開く。手を胸に当てて犬のような短息呼吸。羊水と一緒にずるずると体が出るのが分かった。

羊水を鼻と口から吸い出してもらい、出てきて15秒くらいで産声を上げた。

うああー、よかった~~~。やったぁ~~。
何ともいえない安堵感。15秒が長く感じたよ。
結局立ち会ってくれた旦那ちゃんと目を合わせ、手を握る。

羊水を拭いてすぐ、胸の上にへその緒を切ったばかりのベビちゃんを乗せる。
薄がかったピンク色、小さいけどしっかり重くてちゃんと動く。
アプガースコア9/9点だった。
これがわが子なんだ~、わぁ~、すごい。よくがんばって生まれてきてくれた。

旦那ちゃんは親族へ連絡を取るため一旦退室。
私は臍帯と胎盤を出したあと、子宮を上からぎゅーぎゅー押されて後産。
出血は280mlほどあったみたい。痛かったけどガマンガマン。

こうして無事大晦日のお産は終了。
終わってみれば入院から5時間後の安産でした。

入院中、昼間はさまざまな指導や検査・授乳・面会・自分の食事・シャワー、夜は授乳するも出ないので乳首は切れるわ一晩中泣きまくらるわで…フラフラに。
母子同室・母乳保育が病院の方針でそれに賛同してたんだけど、すぐにはおっぱいが出ない体質だったみたいで大変でした。ベビちゃんは代謝が良く、長時間泣きまくったせいか生後2日で体重が11%減ってしまい、粉ミルクを足すことになっちゃった。

女性ホルモンの激変と産後の疲労とベビちゃんの可愛さと新生児を扱う大変さで、
ボロボロ涙が出てきて「ああ、頭のネジが何本か飛んでるな」と自覚しつつも、やっぱり理由もなく泣いちゃった。

退院後、実家でいろんなサポートを受け、だいぶ母乳も出るようになり、育児にも慣れ、名づけも終わり、心身ともに安定してきました。
これからも体に気をつけつつ、無理しすぎないよう頑張ります。

| | コメント (5)

40w0d 予定日当日

ついに来ました、出産予定日の12/28♪

しかし何事も起こってません^^; 予定日前後の妊婦さんってもっと大変で、大事に大事にしないといけないのかな~、って思ってたけど全然そんなことなかったよ。お腹がでかいこと&恥骨がちょっと痛いこと以外は至ってフツーの私。もさもさ家事して、ぽてぽてお散歩する平和な毎日です。

とりあえず、今日も午前中は家事してオカンと一緒に歩いてお買い物に行ってきますた。

先日12/25(月)に39wの検診行ってきたんですが、●尿検査・血圧異常なし●ベビちゃんは元気いっぱいに動いてました(よかったー)●羊水の量にも余裕があり、問題なし●推定体重は2940g で、今回は3週間ぶりの内診。

「うん、赤ちゃんの頭は一番下までいい感じに下がってきてます。頸管はうすくなってきてるし、子宮口は1センチくらい開いてます、いつ生まれてもおかしくないね~、うーん、でも予定日過ぎそうだから刺激しときますね、グリグリ(いだだだ!!)出血しますけど、気にしないで。

多分それまでには生まれる…と…思うんだけど、生まれてなければ次は一応12/31(日)に診察予約取っときます。NSTするので1時間早めに来てください。」

とのことでした。あらん、正期産の前半は何事もなく過ぎ去って行ったよ。

先生の予告どおり、うちに帰ってから生理終わりかけくらいの茶色い出血がありました。刺激されたことで腰が重くなり、生理痛みたいな感じになり、急にうんちどっさり出て「コレはこのまま今晩あたり来るのか来るのかぁ~?」と思いきや、寝て次の日目覚めたら何ともなくなってました^^あららん、びびっちゃったじゃん!

ということで今日に至ってます。旦那ちゃんも実家の両親も初めてのことなので、「どう?来そう?」と1日何回か聞かれるんだけど、「いや、なんともないわー。はは。」「いつごろ生まれそう?」「いや、それは私にも先生にもわからんねー、ベビちゃんの出てきたい日に出てくるよ。」と繰り返してばかり。

年内に産まれてくれるとお金の面でありがたいんだけどな…と思いつつ

まあ、焦ってもしょうがないので マイペースにのんびり待ちまーす♪どっちにしても残り少ない胎動のある日々、楽しまなきゃ損、でっかいお腹をしっかりなでなでしておきます。

| | コメント (4)

39w突入★バースプラン

Photo 今日も元気に2時間お散歩してきたジンジャーです。近所の神社でおみくじひいたら「お産 よろし 安心すべし」ですた♪よーし、うまくいくはずだぁ(自己暗示)

泣いても笑ってももうすぐだなぁ…次の更新までには産まれてるかな?直前なので妊婦である今のうちにジンジャーのバースプランを書いておこうと思います。ちなみに出産予定の病院は年間600人ほど取り上げている個人病院で母乳保育を基本としています。口コミ・ネットでの情報収集の結果、里帰りしてこの病院で産むことにしました。

①部屋について 入院後、分娩第一期中期に陣痛室へ→子宮口全開になったら分娩室へ移動

②陣痛について 原則的に自然陣痛にて分娩経過をみる。微弱陣痛など母体の疲労・胎児のストレスを強める場合には必要に応じて陣痛促進剤を使用する可能性もあり。陣痛促進剤は危険な副作用が出る可能性もあるのでその場合、必ずドクターと相談後NSTで十分に管理してもらいます。(妊婦に説明なしでの陣痛促進剤投与・年末年始休暇中分娩を減らしたいから…など病院側の都合で人工的に陣痛を起こすetc…結構医療現場では多いことのようですが、それはお断り。)

③夫立会い分娩希望(旦那ちゃんの仕事、いま超忙しいみたいだけど間に合うといいなぁ。)

④分娩形式について 原則仰臥位での経膣分娩。医学的適応(児頭骨盤不均衡・胎児仮死など)により帝王切開がやむをえない場合は原則、腹壁縦切開、麻酔は腰椎麻酔・硬膜外麻酔。

⑤会陰切開について 分娩促進と裂傷を少なくするため必要ならば切開あり。できればドクターに一任してくださいとのこと。(正直今は痛そうだし切られたくないけど、その場になってみないと分かんないな~。いきみが下手だと黄門様まで裂けちゃう人もいるらしいし(痛!!)切ってもいいから早く出してくれ、って思う産婦さん多いみたいだし。)

⑥浣腸・剃毛について 原則、なし。

⑦NSTについて 基本的にお産の間はずっと装着。

⑧産後ケアの様式について

産後1時間以内のおっぱい→赤ちゃんと母体の安定のために希望する。(状況によりムリなら中止)

母児同室→産後1日目から一緒同室に。赤ちゃんが欲しがる時にいつでも哺乳する自律哺乳を行う。ほとんどの人はおっぱい吸っただけ出るようなので、最初は大変でも母乳のみで哺育する予定。

以上です。 うまくいくかなぁ~。

分娩時の処置について(浣腸・剃毛・会陰切開)、は浣腸あると思ってたので「原則なし」って聞いてビックリ。

ちょっとここからは下ネタになりますが(^^;)特に浣腸に関しては、情報誌など読んでると「お産を進みやすくし感染を予防するためにするところが多い」って書いてあるけど・・実際はあまりその根拠がない処置らしいっすね。陣痛で苦しい上に、人工的「んこちゃん出そう痛」が来るとママはいたずらに苦しむだけ、という専門家もいます。もともと便秘のひどい妊婦さんも臨月になると自然に便通がよくなる人が殆どとか。

しかも、助産師さんのブログを調べてみると浣腸してもしなくても、半数以上のママは赤ちゃんと一緒にんこちゃんも産み落としていて(ええええ!マジで?!)、汚染率にも有意な差はないそう。それをサッと素早くそしてさりげなく処理するのが助産師の腕の見せどころとも書いてありました。・・・ショック。そうだったのね、知らないって幸せ。

まあ、導尿もして胎盤やら羊水やら血液やら、なんせおしも系全部お世話になるわけだから・・・プロ相手に恥ずかしがる必要はないのかもしてないけど…。老人介護される側もつらい、っていうけどホントだね。

確かに、最近やけに便通が良いわ。一日中ぎゅるぎゅる腸がアクティブ!ああ助産師さん、出ちゃったら本当ゴメンなさい。ウチ立ち会う予定なんで旦那ちゃんに気付かれないように処分よろしくお願いします、と(本当はお産の中で大した部分ではないんだけど)そればっか気になってしまうジンジャーなのですた…。

| | コメント (2)

出やがったな!

妊娠4ヶ月頃からマド○ナクリームを塗り続け、ばっちり防いできた妊娠線。

しかし・・・ついに出やがった! 

おわぁぁぁ~、へその左斜め下だけにうーっすら、うす紫色の斜線現る。臨月までがんばったのに、ダメだったや。(まあ、人によってはお産の「いきみ」で出来ることもあるらしいから、それよりはあきらめがつくか。)

でも、それもそのはず。ジンジャーの下っ腹はベビちゃんでパッツンパッツン。特にお腹が張っている時なんか、ツッパリ度が半端ない。横には広がらず、ツンと前だけにせり出す典型的な「男腹」でMRIでお腹を輪切りにしたら、すげー急勾配で盛りあがってる「かまぼこの断面」もしくは「かまくら」みたいになるでしょう。

よくここまで耐えた、あたしの腹壁よ。もう限界だろ、割れちまってもいいんだよ、おつかれちゃん。

なーんて思いながら今日もお風呂上りにマド○ナでお腹とおっぱいをマッサージするジンジャーでした。

ちなみに今の時点で体重は+9.0kg、腹囲は93cm。やっぱり臨月に入ってからの胎児の急成長度をナメていた…でも、ベビちゃんを無事産めたらもう他の細かいことなんてつまんないことだよね!と妙にサッパリした諦めの境地にいます。

| | コメント (2)

38週6d

061212_162258 里帰りしてヒマヒマジンジャーです。家事手伝い以外にも時間がたくさんあるので、手縫いでフリースのガウンを作ってみました。

昨日38wの検診、行ってきました。尿検査&エコー異常なし。ちゃんと頭を下にして体育座りの姿勢でまるまってたベビちゃん、うん、いいこ。

せんせ「頭もまぁまぁいい感じで下がってきてるよ、臨月だからって家のなかで動かずに過ごすと予定日過ぎやすいからね、赤ちゃん大きくなりすぎちゃうと産むの大変だから、どんどん家事とか散歩して体を動かしておいてください。じゃ、とりあえず1週間後に。何か気になること・変わったことがあったらすぐ電話してね。」今回も結局内診&NSTはなし。

ああ~、40週の妊娠期間もついにここまで来たんだな~。明日から最終の39w。

今、この瞬間も陣痛が始まったっておかしくない。

布団に入ってそう思うと…なんだかコーフンして眠れなくなっちゃって→結局3時4時まで眠れないまま、「うう、お腹重たい」と寝返りをうちつつ→朝方になるとすーっと眠れる→なんだか寝不足。

っていうパターンにハマってます。まあ、この時期はホルモンの関係でぐっすり眠れなくなるっていうからねぇ。(出産後に始まる3時間おき授乳の予行演習みたいなモンらしい。)

でも子どものいる友達に「自分の寝たいときに寝れるのなんて、今だけだよ!!」と言われて、はっ!そうか、今寝とかなきゃなんかすごいもったいないよな。と気づきました。今は一心同体だけど、もうすぐ別の人間が生まれて来るんだよな~、寝る食う泣く生活全部がベビちゃんのペースになるんだ・・・。あたしグータラ寝るの大好き人間なのに、大丈夫なのか?

まだまだ信じられない思いです。陣痛が来たら覚悟が決まるのかな?それともわが子の顔を見てから実感が湧くのかな?未知の世界だわ。

| | コメント (0)

37w6d

正期産に突入したけど、何事も起こらず ♪待ちぼうけ~待ちぼうけ~ なジンジャーです。多少お腹が張りやすくなったけど、おしるしも腰痛も胎動の減少もなし。今までずっと普通に仰向けに寝てたんだけど、今週に入ってからついに苦しくて横向きに寝るようになりますた。(えっ?遅い?)

最近朝起きると、手指の関節がしもやけの時みたいにこわばって動きにくいの・・・これが手根管症候群ってやつね。塩分控えめにしとかなくちゃ。

週1の妊婦検診行ってきました。いつも通りエコーをして「順調です、いつ産まれてもいい時期なので気持ちの準備も一応しておいてね~。あまり大事にしすぎて動かないと予定日超過になりやすいから、気にせずどんどん散歩しといて。じゃ、1週間後に。」と言われ、ハイ終了~。

あれ… 内診は? NSTは?

他のマタママブロガーは子宮口の開き具合とか見てもらってるみたいだけど…うちの産院はナシっぽい。いつ産まれてもいい時期だし赤ちゃんも問題ないから、無駄な診療行為はしないって解釈でいいのかしら?今度聞いてみよっと。 

Bag_1 臨月なので入院バッグの最終確認・・・ヨーシ!(思ったよりも病院側が用意してくれるものが多くて助かった~、ベビものは退院時の服だけでいいしね♪)

ネイル・アクセも全て外した…ヨーシ。「臨月は指がむくんで指輪がマジ外れなくなるから、外れるうちに外しといたほうがいいよ。」っていう友達(助産師)の言ってたことは正解だったー。メイクは普段ウチにいるときは殆どしてないから特に対策はいらないね、お産のときは眉毛だけ書いて行こうっと。ほんとひっどい「まろ」になるからな~。

あとは、陣痛がきたらお風呂など入りつつ、10分間隔になるのを待って病院に電話すればいいのね。12月はお産の予約が多いみたいだけど、うまいこと分娩ラッシュにかぶんないことを願う…☆助産師さんが忙しくて陣痛室に放置されると心細いだろうから。旦那ちゃんも間に合うといいなぁ。

| | コメント (4)

おっぱいマッサージ

先日産院で「後期母親学級~おっぱいの巻~」を受講してきました。

おっぱい指導に詳しい女性ドクターとベテラン助産師が講師で「へぇ~」の連続。育児本には書いてない専門家ならではの知識が聞けて良かった♪

●母乳は誰でも出ます。ただ、生まれたその日から溢れるように出る人は数%で赤ちゃんの吸った回数が多いほど、早くたくさん出るようになります。

●赤ちゃんは3日分のお弁当&水筒を持って産まれてきます。出産直後から授乳を開始すると(はじめはそれほど量が出なくても)4日目くらいから体重が増え始めるの、うまく出来てるでしょ?お腹の中で羊水を飲んでた時みたく、飲みたい時に欲しい分だけ飲みます。赤ちゃんの胃は退院時でもビー玉(大)1個分くらいの大きさしかありません。

●母乳は羊水と似た匂いがするから、赤ちゃんは懐かしくて引き寄せられます。「ギャー!」と本格的に泣き出す前に、口をもぐもぐさせてたり手を舐めはじめたり「あ~」と甘えたような声を出していたら授乳しましょう。

●多い子だと1日30~35回(!!)授乳することがあっても怖がらなくて大丈夫。1日7回以上のおしっこをしていたらおっぱいは足りています。寝てばかりの子は大変だけど起こしてあげて授乳回数を増やします。

●赤ちゃんの体重は1日20g増えていたら上等。1割くらいのママは産後1ヶ月以上経っておっぱいがどんどん出始めるので、諦めないで!!

なるほど~ 奥深きおっぱいの世界…(笑)

ジンジャーはちょっと扁平気味なのでうまく吸ってもらえるか心配だけど…がんばってお風呂あがりにマッサージして鍛えておこう!!

| | コメント (2)

臨月突入

ついにここまで来ました。憧れの「臨月」という響き♪

今日は36週2d、とりあえず今お産になっても大丈夫なところまで無事ベビちゃんが育ってくれたことが本当に嬉しい。

小さな命を授けてくれた神様に、旦那ちゃんに、支えてくれた全ての人に感謝です。

里帰り生活も3週間目に。旦那ちゃんには少し多めに生活費を渡してるんだけど、お財布にお金があるとある分だけ使っちゃう人なので…里帰り期間中は全く貯金できそうにないなぁ~、困ったもんだ。

まあ、この際細かいことは大目に見てと… ゆったりした気持ちで過ごそうと思います。

| | コメント (6)